母乳が足りない?~生まれてすぐの赤ちゃん

  • HOME
  • ブログ
  • 母乳が足りない?~生まれてすぐの赤ちゃん
母乳が足りない?~生まれてすぐの赤ちゃん

母乳がよく出るお母さんとそうでもないお母さんがいることは否定しませんが、自分で産んだ子どもを育てられないほど母乳が出ない方は、滅多にいないものです。例えば1ヶ月健診のときに母乳だけで赤ちゃんを育てている方の割合は、産院ごとに9割を越えているところから、2割に満たないところまで様々です。つまり、おっぱいのことをよく知っていて、適切にケアをしてくれる産院で産みさえすれば、ほとんど「よく出る」側にまわれると言えます。

適切に、とは、何でしょうか。

まず、自然のプロセスを大切にした、お母さんの心身の疲労の少ないお産をお手伝いすること。産まれた赤ちゃんをお母さんから引き離さないこと。楽で効果的な授乳ができるようお手伝いすること。お母さんが質量ともに最大限眠れるように配慮すること。お母さんの心配事を少なくすること。などです。

もちろん、全部完璧にできている産院などあり得ないほど、どれも難しいのですが。

このなかで、先ほどの2~9割の数字の差に最も影響するだろうと思うのが、お母さんと赤ちゃんを引き離さないことと、効果的な授乳をお手伝いすることです。

おっぱいは、お母さんにくっついていますが、赤ちゃんのものです。赤ちゃん自身が、上手に一生懸命吸って、初めて上手くいきます。

赤ちゃんが上手に吸い付くために、まずはお母さんの乳首以外のものに安易に吸い付かせないこと、余分なものを飲ませておっぱいに吸い付く意欲を削がないことが大切です。そして、もし赤ちゃんがあまり上手に吸っていないときには、いち早く察知して、抱きかたや吸い付かせ方を工夫して、より効果的な授乳ができるようにします。赤ちゃんが上手に吸わないと、乳首が痛かったり、吸わせているのに結局飲めていなかったりして、お母さんの体が本来持つ母乳分泌の力を活かしきれなくなり、出るはずの母乳が出なくなってしまいます。

効果的な授乳の方法については、「乳首が痛い~産まれてすぐの赤ちゃん」の記事をご参照ください。

なぜ他のものに吸い付かせてはいけないかについては、「おっぱいに吸い付かない」で解説しています。

産院から帰って赤ちゃんと暮らしていると、色々な場面で「母乳が足りないかも」と感じるものです。

一番よく聞かれるのが、「赤ちゃんを置くと泣いてしまう」ときです。授乳すると吸っている間にとろとろ眠ってしまい、「もういいんだな」と思って寝かせるとほんのしばらくして起きて泣く。足りなかったかと吸わせるとすぐに寝て、でまた置くと泣く。この繰り返しで1日が過ぎると。抱いている間は泣かないので、抱きすぎで腱鞘炎になったり、お家のことが何もできないとノイローゼ状態の場合もあります。

そういう赤ちゃんの体重を測ると、もちろん本当に飲めていなくて効果的な授乳についてお話することもありますが、多くは期待値以上に増えていて、何なら飲みすぎで苦しくて泣いている場合もあります。

産まれてすぐの赤ちゃんは食欲中枢と言ってお腹が空いた、いっぱいになったと感知する機能が働いていません。必要な量の母乳を飲んでいても、「目が覚めて抱かれていなくておっぱいが口に入っていなければ泣いてお母さんを呼ぶ」ようにできています。赤ちゃんは自分では何もできず、お母さんが居なければ生きていかれない存在だからです。何か嫌なこと、例えば暑いとか寒いとか、があれば泣いてお母さんを呼び、おっぱいに吸い付くことで癒しを得ます。満腹がわからないので、飲みすぎでお腹が苦しくて泣いているときでも、泣き止む契機はおっぱいという、おバカさんな状態です。

赤ちゃんは一日中抱かれていたい、大人は一人で寝てほしい。だから、なるべく抱かれていると思わせるように寝かせましょう。

赤ちゃんはお腹の中で狭い所にギュッと入っていました。それが安心だったので、広い所は怖いのです。赤ちゃんの眠りはとても浅くて、ほとんどうとうとしている程度です。寝ながら手足を動かしたときにそれが空を切ってしまうと、ギョツとして起きてしまいます。赤ちゃんを布でキッチリくるんで寝かせると、びっくりするほどよく寝ますよ。「おひな巻き」をご存知でしょうか?インターネットで検索すると動画があると思いますから、調べてみてください。大人から見ると窮屈なんじゃないかと思えるくらい、キッチリ巻くのが大事です。

赤ちゃんがなかなか寝付いてくれないときに、母乳でお腹がふくれなかったのかと粉ミルクをあげると、とたんにぐっすり寝付いたりします。すると「やっぱり母乳が足りていない」と思いますよね?

ところが、例えば同じ量の母乳を搾って飲ませても、そんなにすんなりは寝付かないものです。

人工乳は牛乳が原料です。すごく大きくて胃が4つもある赤ちゃんに飲ませるはずのものですから、脂肪やたんぱく質の粒はとても大きい。日本のミルク会社は頑張って粒を小さくしてくれていますが、母乳に比べるとまだまだ消化しにくい。ミルクがある程度の量胃に入ると、消化液をたくさん出さなくてはならないので、胃に血液が集まります。すると脳の血圧が下がるために眠くなるのです。学生時代、午後イチの授業が辛かったり、小さな子どもがご飯の最中にお膳に突っ伏して寝てしまうのと同じ状態です。

飲んだ物が違うのであって、量の問題ではないのです。

大人から見ると、母乳で育つ赤ちゃんはいつも物足りなそうにみえるのですが、それが人間の赤ちゃんの普通の姿です。

母乳は赤ちゃんの求めに応じて、つまり需要と供給の原理にしたがって出るものです。

混合授乳の方は、母乳が足りないから混合、と仰いますが、混合にしているからミルクを飲んでいる前提とする量に抑えられていると言えます。

Contactお問い合わせ

ご不明点や、ご相談などがあれば
お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】助産院 北野ミッドワイフリー

TEL 052-776-5889

FAX 052-776-5874

お問い合わせフォーム