フリースタイル出産、自宅出産、家族(子連れ)入院、産後ケア入院、母乳相談・授乳指導・乳房マッサージ 名古屋市名東区 助産院北野ミッドワイフリー

助産院北野ミッドワイフリー

お悩み相談室

 

リンク集

sophia

 

HOME»  どんな出産ができるの?

どんな出産ができるの?

どんな出産ができるの?

 

助産所は、医師がいませんし、薬の処方や吸引分娩などの医療処置もできません。

ですから、自然に起きた陣痛で、自然に生まれてくる赤ちゃんを迎えることしかできません。

長い出産は長いままに耐えて頂かねばならず、病院なら薬を使って陣痛を強めるなどして

端折ることもできますが、助産所での出産となると、初産なら3日がかりの方もいるほどです。

ただ、長いお産には長いなりの訳があることが多く、長くなっても自然に生まれたほうが、

赤ちゃんが元気に生まれてくるので、私たちは赤ちゃんが自分で陣痛を調節して

生まれてくるのだと信じ、ゆっくり待っています。

お母さんが耐えられる間は腰をさすったりお尻を抑えたりしながら寄り添って一緒に耐え、

お母さんが「もう嫌だ」と仰るなら病院に助けを求めます。

自然な出産決して楽なお産ではないことを、最初に知っていただきたいと思います。

出産は、案ずるより産むがやすしと言いますし、お産は怖いものとも言います。

助産師を長くしてきて、どちらの言葉も真実だと思います。

お母さんの体と赤ちゃんは、その形、ホルモンの働き、アクションなど、本当によくできていて、

人知が及ばないとはこのことだといつも感心します。

しかし、お母さんの体質的なこと、赤ちゃんと骨盤の大きさの組み合わせ、赤ちゃんの姿勢など、

いろいろな条件によって、出産が始まる前から「少し難しいかな」と思われる場合がありますし、

特別不利な条件とは思っていなかった方が思いがけず難産になることもあります。

妊娠中・分娩中に関わらず、異常または異常になっていきそうなことは、
包み隠さずお話しします
ので、一緒にどこまでお付き合いできるか考えていきましょう。

出産の最中に病院に搬送した場合、当院からは入院費等の請求を致しませんので、

ご安心ください。

 

どんな出産ができるの?当院では、フリースタイル出産をお手伝いしています。


病院でよくあるように分娩台を使うのではなく、布団の上で、横になったり、

四つん這いになったりして、産婦さんが一番楽な体勢のままで出産します。

フリースタイル出産の良いところは、

1.自由に動けるので好きな体勢が自分で選べる。

2.重力に逆らわないので、息みやすく、生まれやすい。

3.赤ちゃんにストレスがかかりにくい。

4.会陰の傷ができにくく、できても治りやすい。

5.股関節などに問題を抱えていて、分娩台に合わない方も出産できる。

などです。

結果として、お母さんも赤ちゃんもお産の疲れが最小限で済み、

産後の生活が楽になります。

 

       

どんな出産ができるの?

   

 

どんな出産ができるの?

 

お産の立ち合いについて

お産の時、誰と一緒にその時を迎えたいですか?

当院では、立ち合いに制限を設けていませんので、

パートナーやお子さんはもちろん、他のご家族・ご友人など、

産婦さんが「一緒にいてほしい」と思われれば、どなたでも立ち合いできます。

 

 

どんな出産ができるの?

 

お子さんの立ち合いについて、怖がったり邪魔になったりするのではと ご心配ですか?

もちろん、中には退屈して遊びまわったり、お母さんが普段と違う様子なのに怯えて 泣いたりするお子さんも居ます。

でも、邪魔になってお産に支障があるほどのお子さんはまずいないですし、

一部のお母さんが心配されるような、トラウマになるような怯え方をする子も見ていません。

出産は、子供にとっては純粋な「科学」ですから、

とても素直に、「ああ、こうやって生まれるのか」と納得してくれます。

また、生まれるところから一緒に育つ赤ちゃんには、

早くから愛情全開になるお子さんが多く、上のお子さんの赤ちゃん返りが軽くて済みます。

 

 

       

どんな出産ができるの?

   

 

どんな出産ができるの?

 

実際、お産の時はどんな様子でしょうか。

陣痛中は、産婦さんを一人にすることなく、つききりでお世話をします。

お腹や腰を温めたり、マッサージや指圧で痛みを軽減したり、

呼吸や息みを整えるように声をかけ、

必要に応じ食事や水分を提供します。

会陰切開や浣腸・剃毛はせず、肛門を保護して産後の痔を予防します。

希望があれば、 お湯につかって痛みを和らげることもあります。

息みたくなったら、呼吸をとぎらせないように声をかけつつ、自由に息んでもらいます。

基本的には産婦さんが自然にとられた姿勢のままお産になりますが、

息みにくそうだったり時間がかかっていたりして、必要と思われる場合には、

こちらから声をかけて四つん這いの姿勢になっていただくなど、生まれやすく工夫します。

会陰切開はしません。

赤ちゃんが肩まで出たら、産婦さんに声をかけて一緒に手を添えて取り上げます。

赤ちゃんの体についた羊水などを拭いて、 お母さんのお腹の上に腹這いに寝かせます。

(カンガルーケアと呼ばれる状態です。)

赤ちゃんに掛物をして、寒くないようにします。

胎盤を出します。

会陰に傷がある場合は、傷の程度によって処置をします。

へその緒を切ります。お母さん・お父さん・上のお子さんなどに切っていただきます。

赤ちゃんは、しばらくすると呼吸が整い、おっぱいに向かって這い上がってきます。

初めてのおっぱいが済んでから、お母さんの体の上から赤ちゃんを下し、

体重などを計ります。

だいたい、生まれてから30~60分後くらいです。